【ウォーターサーバー比較おすすめランキング!】口コミで人気と評判のサーバーレンタル会社を厳選してみました!

天然水にこだわる?ウォーターサーバーは水質で比較して選ぼう

ドラッグストアやスーパーマーケットで、ミネラルウォーターを購入している人が多いですが、家族の人数が多かったり、ある程度の量を飲む場合はウォーターサーバーを導入するのがお勧めです。

人気の産地の名水が揃っています

口コミで評判の高い専門業者を選ぶと、人気の産地の天然水を取り扱っているので好みの味の商品が選べますし、水質も安全基準を満たしているので安心して購入できます。

日本の天然水は味がまろやかな軟水が多いので、そのまま飲んでも美味しいですが、紅茶やコーヒー、緑茶などを作る時に使用すると便利です。現代は地震や台風、大雨などの被害も増えているので、衛生的に使用できるウォーターサーバーを導入している人が増加しています。

ウォーターサーバーはいつでも新鮮な水やお湯が使える為利便性が高く、家事の手間を省けるのが特徴です。初期費用を抑えてサーバーがレンタルできたり、ゴミの日に処分のできる商品がお勧めです。

複数の専門業者が存在するので、天然水の種類をじっくりと比較してから注文すると良いでしょう。

災害時に備えて水を備蓄できます

近年、自然災害が頻発しています。生命を維持するために不可欠な「水」。備蓄品の中でも最重要品のひとつですね。ひとり1日3Lを目安に、家族の人数分×3日。これだけは最低限必要とされています。

食糧などを備蓄をする際、消費期限切れを防ぐため、ふだんから購入している食料品を、少し多めにストック。古いものから順番に消費するという「ローリングストック法」がおすすめです。水もこの方法でストックしましょう。

ペットボトルだと4人家族で6ケースは必要。かなり場所を取りますし、移動させたり引き出したりするときに重さにひと苦労です。その点、ウォーターサーバーは12Lのタンクが主流。4人家族1日分がタンク1つで賄え、取り扱いも容易。つねにタンクを3つ多めにキープしましょう。

水道水利用の浄水式ウォーターサーバーを愛用しているご家庭なら、レバー式のコックの付いた大容量の給水タンクに、水道水を汲んでおくといいでしょう。夏場なら3日ごと、冬場なら10日を目安に入れ替える必要がありますが、お掃除やウォーターサーバーに使ってしまえばさほど苦ではないと思います。

災害時に備えて命に関わる「水」の備蓄に、ウォーターサーバーを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

水質も安全基準を満たしています

ほとんどのウォーターサーバーの水は、きびしい原水基準をクリアした安全な水源から採水した天然水、もしくは放射性物質を除去できるろ過法を用いたRO水などを採用。つまり、ウォーターサーバーの水は安心して飲める水質を有すると考えていいでしょう。

ウォーターサーバーはますます普及していますが、これは東日本大震災の影響で、水道水から放射性物質が検出されたことにより、飲料水に安全性を求める傾向が強まったためとも言われています。

しかし、世界的に見た場合、日本の水道水の安全性はまちがいなくトップクラス。豊かな水源を持っている上、きびしい水質基準が設けられているためです。東日本大震災以後は放射性ヨウ素、放射性セシウムの検査も定期的に実行されています。

放射性セシウムは濁質に吸着しやすい性質を持ちます。そのため、浄水場で凝集沈でん→砂ろ過処理により除去することが可能なのです。放射性ヨウ素は、粉末活性炭と塩素を併用することで、効果的に除去。東京都水道局は「放射性物質は平成23年4月中旬以降、検出されていない」ことを明言しています。

したがって、水道水を利用したウォーターサーバーも、安全な日本の水道水をさらにろ過する訳ですから、安全性にはまったく問題がないと言えるでしょう。

 

サイト内検索
ウォーターサーバーランキング!
第3位 フレシャス