【ウォーターサーバー比較おすすめランキング!】口コミで人気と評判のサーバーレンタル会社を厳選してみました!

水の味は何で決まる?美味しい水のpHとの関係

水を飲んだときに、美味しく感じたり、まずく感じたりすることは、多くの人が経験しているでしょう。

もともと味がないはずの水ですが、美味しいものとそうでないものがあります。

この記事では、美味しい水とまずい水の違いやpHについて紹介します。

水の美味しさを決めるもの

もともと無味である水ですが、美味しい水とそうでない水があります。

水の美味しさを決めるものには、水に含まれるミネラル分の濃度(専門用語で「硬度」といいます)や、水の温度塩素の含有量などがあります。

硬度の違いによって、水を美味しく感じるかどうかは個人差があるものです。

一方で、多くの人が塩素臭のない冷えた水をおいしく感じ、ぬるくて塩素の多い水をまずいと感じます。

水の味はpHによって左右される?

もうひとつ、水の美味しさに関連があるのがpH(ペーハー)です。

pHは液体の酸性・アルカリ性の程度を示すもので、中学の理科の授業で習ったという人もいるでしょう。

さらに詳しく説明すると、pHは水に溶かした液体の水素イオン濃度を示したものになります。

液体に含まれる水素イオンが多いと酸性に、反対に水素イオンが少ないとアルカリ性に傾きます。

液体のpHは1~14の数値で表され、数値が低いほど酸性に、また数値が高いほどアルカリ性になります。

そして、真ん中の数値であるpH7では中性になります。

一般に、液体が酸性であればすっぱく感じ、アルカリ性であれば苦く感じます。

身近な液体のpHの参考値は以下のようになります。

・レモン汁 2.0~3.0

・ワイン  3.0~3.7

・醤油   4.5~4.9

・緑茶     5.9

美味しい水のpHはどれくらい?

水の味にも影響するpHですが、美味しい水の条件としての数値は厳密に定められていません。

ここで美味しさをみるのに参考にしたいのが、水道水のpHの基準値です。

水道水はpHが5.8~8.6の間に指定されており、これは弱酸性から弱アルカリ性にあたります。

一見幅がある水道水のpHですが、藻の多いところで採れた水はアルカリ性に傾くように、水の性質は地域によっても違いがあるためです。

水道水の場合、基準内のpHであれば、多くの人が違和感を抱くことなく美味しく感じます。

水素水のpHはどれくらい?

pHが水素イオンの濃度を示すことが分かったところで、水素水のpHについて気になる人もいるかもしれません。

液体の水素イオンが多ければ酸性となるので、水素水は強い酸性なのではないかと心配している人もいるでしょう。

とても意外なことですが、水素水はアルカリ寄りの飲料水です。

水素水は大きく分けて、次の2つの作り方があります。

  • 水に水素を含ませる
  • 水を電気分解する

特に、後者の場合では、水に電極版をセットし電圧を流して化学反応を起こして作り出されます。

プラスの電極版に集まる水は酸性となり、マイナスの電極版に集まる水はアルカリ性となり、水素が集まるのはマイナスの電極版側の水になります。

少しややこしいですが、電気分解で作られた水素水は、水素を多く含むアルカリ水のことをいいます。

最近では水素水のほかにも、アルカリイオン水などの水も登場していますが、両者は同じものです。

ただし、水素水は還元性があるとされる水素の摂取を目的にしており、アルカリイオン水はアルカリ性の水を取ることを目的にしたものになります。

なお、アルカリ水のpHの基準値は8~10といわれており、電気分解で作られた水素水はこのくらいのpHになります。

まとめ

水のおいしさに関するpHは規定されていませんが、それぞれの水の種類の基準値内であればおいしく飲むことができます。

水素水をはじめとする市販で購入できる水は、一定の基準をクリアしたものなので、安心して飲んでくださいね。

 

 

サイト内検索
ウォーターサーバーランキング!
第3位 フレシャス