【ウォーターサーバー比較おすすめランキング!】口コミで人気と評判のサーバーレンタル会社を厳選してみました!

ウォーターサーバーのメンテナンスの必要性とお手入れ方法

水道水や市販のペットボトルの水ではなく、なぜウォーターサーバーを使うのでしょう。

その主な理由は、おいしい水、体や美容によい水を「いつでも安心して」飲んだり使ったりしたいからではないでしょうか。

そして、「いつでも安心して」ウォーターサーバーを使うために大事なのが、サーバーのメンテナンスです。

「メンテナンスってメーカー側でしてくれるんじゃないの?」と思う方も多いかもしれません。

ですが、実はメンテナンスにはメーカーがしてくれるものと自分でするものの2種類があるのです。

ウォーターサーバーのメンテナンスについて、詳しく見ていきましょう。

メンテナンスしないとどうなる?

ウォーターサーバーを長期間メンテナンスしないと、一番心配なのは衛生面です。

雑菌が繁殖して水が汚染されることが考えられます。そうなれば、体に良いはずの水を飲んで体調を崩すことになってしまいます。

また、サーバー自体の故障や部品の傷みなどにつながることも。

いつでも安心しておいしい水を飲むために、メンテナンスは欠かせないものといえるでしょう。

メーカーのメンテナンスと自分でするメンテナンスの違い

メーカーのメンテナンスでは、カートリッジや部品の定期的な交換タンクや配管の洗浄などを行います。

そのほか、内外部に壊れている部品がないか、汚れている個所はないかといったことをチェックし、必要ならば部品の交換や修理を行うことになります。

年に一度ぐらいの頻度でこうしたメンテナンスを受ければ、安心してサーバーを使うことができますね。

これに対し、自分でするメンテナンスは雑菌や汚れを取り除き清潔を保つためのもので、安心しておいしい水を飲むためには欠かせません。

自分でお手入れする場合、外側しか掃除できないサーバーもあれば、ある程度内部までお手入れできるものもあります。

メーカーによって違うので確認してみましょう。

注ぎ口、受け皿などは特にこまめなお手入れが必要

水が出てくる注ぎ口部分は直接手で触れることの多い部分です。

汚れがたまったり雑菌が繁殖したりしやすい箇所なので、特にこまめにお手入れしましょう。

コックから注ぎ口まで、きれいな布巾やキッチンペーパーなどでぬぐいます。

除菌シートなどを使えばより清潔に保てます。

また、受け皿は注ぎ口から落ちる水滴やほこりがたまりやすいところです。

雑菌やカビ防止のためにも、濡れた場合はそのつどふき取るなどしてきれいにしておきましょう。

内部までお手入れできる場合

サーバーによってはある程度内部までお手入れできるものもあります。

全く中を掃除できないと不安、という方にとって、内部までお手入れできるサーバーは安心感がありますね。

内部のお手入れをする場合、まずはスイッチを切ることを忘れずに

特に、温水も使えるサーバーは内部の水の温度が高いので、冷めるまで待ちましょう。

サーバーにたまった水をすべて抜き、説明書の手順通りに分解、洗浄してください。

その際は、水洗いだけなのか、洗剤も使えるのかよく確かめましょう。

部品によっては洗剤が使えないものもあります。

また、組立も手順に従って行えば難しくありません。

じつは汚れている、サーバーの背面

意外と忘れがちなのがサーバーの背面のお手入れです。

背面は放っておくとほこりがたまってしまいがち。

保温や冷却といったサーバーの機能に関わる部品や機械の中にほこりが入り込むと、冷却機能が落ちたり、故障につながったりします。

月に一度くらいは掃除機で背面のほこりを吸い取っておきましょう。

 

せっかくウォーターサーバーを使うのですから、その機能を最大限生かせるように、メンテナンスやお手入れを念入りに行って、安心してお水を飲めるようにしたいですね。

不明点や疑問点はメーカーに問い合わせたり、ホームページで確認したりして、日ごろのお手入れを欠かさないようにしましょう。

サイト内検索
ウォーターサーバーランキング!
第3位 フレシャス