【ウォーターサーバー比較おすすめランキング!】口コミで人気と評判のサーバーレンタル会社を厳選してみました!

徹底比較!インターネットで配送周期を選べるウォーターサーバーは?

ウォーターサーバーを比較する時、自宅が配送可能なエリアなのかどうか、そして配送料がかかるかどうかを調べておく必要があります。
そして事前に配送周期と水の注文量を決めておくのが定期配送システムです。
定期配送システムの場合、水がなくなるたびに毎回注文する手間が省けて便利なのですが、一定期間に最低でも何本以上は注文しなければならないというノルマがあることになります。

定期配送システムは配送周期の選び方もチェックしよう

定期配送の場合はあらかじめ配送周期と注文する水の量を決めておくことで、定期的に配送してもらえるのが魅力です。
配送周期は業者によって異なり、多くの場合1か月周期が最長です。
一般的にどこの業者でも配送周期や注文本数は変更可能ですが、これらをインターネットで気軽にできるところを選ぶのもおすすめです。

また、一定期間配送を中止できるシステムもありますが、その期間が長くなる場合には手数料のようなものが発生するケースもあります。
また変更や休止の申し込みは何日前までに手続きをしなければならないといった決まり事も業者によって異なるので、ウォーターサーバーの比較の際には定期配送に関する条件などもしっかりとチェックしておくようにしましょう。

必要な都度注文するシステムのメリット

毎回自分の好きな量を頼んでその都度届けてもらうのが都度注文というシステムです。
必要な分だけその都度申し込むというシンプルでわかりやすいシステムで、月に何本以上などのノルマが一切ないのが特徴です。
このような場合、サーバーレンタル料が発生することが多くサーバーレンタル料として月額の固定費用を支払う事に加え、使った水の量の分の費用を支払うというシステムになっています。

都度注文はその家庭ごとの使用量に合わせて自分のペースで頼めるので無駄がなく、水の消費量にバラつきがある家庭や一人暮らしで水の消費量がもともと少ない人などに向いています。
ただし、いちいち水がなくなるたびに頼まなくても自動的に水が配送されてくる定期配送システムと違って、水の在庫は自分で管理しなければならないので、きちんと管理しないと水を切らす心配があります。

比較する際には自分の住む地域の配送曜日が決まっているかどうかなども事前に確認しておくのがおすすめです。
注文に際してはインターネットでできるのか、それとも電話対応だけなのか、そして頼んでから配送されるまでどれくらいの期間がかかるのかなどをチェックしておくようにしましょう。

使い終わったあとのボトル回収の有無

ウォーターサーバーを比較する時、ボトルの回収方式も大切なポイントです。
まず、リターナブル方式と呼ばれるシステムでは、使い終わった後のボトルを次回水を配送してもらうときに毎回回収する方式です。
それに対して水を使い終わった後のボトルをそのまま小さくたたんで捨てられるのがワンウェイ方式と呼ばれる方法です。
いわゆる使い捨てボトルなので、使い終わって空になったボトルを家庭で保管しておく必要もないので便利です。
ただしワンウェイ方式の方はごみとして排出するのに対し、リターナブル方式はボトルを再度利用するのでごみを減らすことにもつながりエコな方式です。

配送の際にリターナブル方式の方は自社業者が配送も受け持つことが多いため、たとえばウォーターサーバー本体の不具合やちょっとした困りごとなどを相談できることが多いと言われます。
業者によってその対応には差がありますが、アフターケアに関するメリットを考えた時にはもしかするとリターナブル方式の方が魅力があるという考え方もできます。
ワンウェイ方式の方は業者が宅配業者に配送を委託している事が多いため、ウォーターサーバーに関することに対処してもらえる可能性は低いかもしれません。

 

サイト内検索
ウォーターサーバーランキング!
第3位 フレシャス