【ウォーターサーバー比較おすすめランキング!】口コミで人気と評判のサーバーレンタル会社を厳選してみました!

ウォーターサーバーの電気料金はどのくらいかかるの?

ウォーターサーバーを使用するのにかかる電気料金は、ウォーターサーバーの種類によってまちまちで、安いところと高いところで比較すると3倍以上もの開きがあります。

床置用の場合最も安いところでは、月額およそ330円ほどとなりますが、高いところでは月額1000円以上となります。

卓上用では最も安いところでおよそ390円ほどです。

 

 

ウォーターサーバーの維持費となる電気料金

ウォーターサーバーを利用する際に、維持費としてかかってくるのが電気料金です。

電気料金はウォーターサーバーごとに異なり、安いところと高いところでは3倍以上も違うので、ウォーターサーバーを比較検討して選ぶ際には、月々かかる電気料金も大きな要素となってくるでしょう。

ウォーターサーバーには床置用と卓上用とがあり、床置用のほうが比較的安くなっています

床置用のウォーターサーバーの電気料金の最安値は月額およそ330円ほどで、高いところだと1000円以上となり、月額300円程度なら無視できても、1000円となるとちょっと考えてしまう金額となり得ます。

費用対効果を考え、電気料金として月額1000円支払っても得られる利益の方が大きければ、選ぶことになるでしょうが、少しでもランニングコストを抑えたいという場合は、電気料金がより安いウォーターサーバーから選ぶのがおすすめです

最近はどこも省エネ設計になっていますから、こうした料金もかなり安く抑えられているほうではあります。

床置用の電気料金を比較してみると

床置用の毎月の電気代をカタログスペックの数字で比較してみると、最安値は月額およそ330円からとなっており、次に安いところは350円からとなっています。

次が月額およそ390円です。最安値のところはボトル容量が7.2Lであるため、それ以降に並ぶ12リットルのウォーターサーバーと比べて、電気代が安く済んでいるようです。

ただ同じ7.2Lのボトル容量であっても、月額800円からというところもあり、またボトル容量が7.8Lであっても月額1000円以上かかるところもあるので、一概にボトル容量だけで電気代が決まるというものでもないようです。

ボトル容量は12Lのところが多く、わずかですが8Lというところもあれば、同じ12Lでも月額の電気代は、約350円から1000円以上と3倍もの開きがあります。

冷水にするのに73Wで済むところと、多いところでは100W必要なところがあり、製品の構造もまちまちのようで、温水にする場合には、最少の製品が260Wで最大の製品が520Wと、大きな開きがあります。

卓上用の電気料金を比較してみると

卓上用のウォーターサーバーの電気代の最安値は、月額390円からとなります。高いところだと1000円以上となります。

電気代最安値のウォーターサーバーのボトル容量は12Lです。次に安いところでは、ボトル容量が7.2リットルで、月額は約490円からで、さらに次に安いところは、11.35Lで月額が600円ほどです。

卓上用のウォーターサーバーの容量はほとんどが12Lで、稀に8Lというところもありますが、ボトル容量が8Lでも電気代は月額およそ1000円以上となっているため、卓上用の場合はボトル容量と電気代は、あまり関係がないようです。

ウォーターサーバーでは送料がほぼどこでも無料となっており、レンタル代ボトル料金および電気代で費用が決まってきます。水質が最重要となるでしょうが、月々のランニングコストも無視できない問題です。

費用対効果を考えながら、各社を比較検討して選ぶことになります。ウォーターサーバーの会社は次々と登場していますから、常にリアルタイムの情報を得ておきたいものです。

 

サイト内検索
ウォーターサーバーランキング!
第3位 フレシャス