【ウォーターサーバー比較おすすめランキング!】口コミで人気と評判のサーバーレンタル会社を厳選してみました!

条件で比較!失敗しないためのウォーターサーバー選び方は?

最近はさまざまな種類のウォーターサーバーが出てきており、どれを選べばいいのか分からない・・という声をよく聞きます。

ここでは、ウォーターサーバー選びに迷っている方のために、選び方のポイントをお教えしたいと思います。

ぜひ、最後までお読みいただきご自分のライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選んでみてくださいね。

ウォーターサーバーの選び方

ボトルのタイプ①リターナブル

ウォーターサーバーのボトルのタイプにはさまざまなものがあります。

まず、リターナブルボトルとはお水の入ったボトルが自宅に配送され、飲み終わったらそのボトルを回収してくれるものです。

業者が中をきれいに洗浄しまた使うので、ボトルの強度はしっかりしているのが特徴です。

その他のメリットとしてはゴミが出ないということがあり、環境に優しいタイプのボトルです。

ただ、ボトルを回収してもらうまで保管しておかねばならないので、ウォーターサーバー本体以外にスペースが必要となります。

ボトルのタイプ②パック式

パック式はそう多くはないタイプで、ペットボトルのような容器に入っているものの透明なビニール袋に入っています。

袋状になっているためボトルタイプより持ちづらい形ですが、お水の量はその分少な目で飲み終わったら畳んで捨てられるというメリットがあります。

ボトルのタイプ③ワンウェイボトル

飲み終わったら、ボトルをそのまま捨てられるタイプです。

このタイプのボトルは小さくつぶせるものが多いので、ゴミの量も増えないというメリットがあります。

ただ、ボトルが柔らかいのでお水をセットする時やりにくいというデメリットがあります。

ウォーターサーバーの形式

ウォーターサーバーの本体の形式にはボトルが上置き、下置きがあり、上置きタイプのものはボトルを本体の上に差し込み本体にお水が注入される仕組みとなっています。

お水がどのくらい減っているのか一目瞭然のタイプなら、交換時期がすぐに分かるため安心です。

最近では電力を使わずに注水できるものもあるため、停電した時も安心です。

下置きタイプのものは本体の下にある扉を開けてそこにボトルを差し込むものです。

このタイプの場合、ボトルを高く持ち上げる必要がないので、力のない女性や年配の方に適しています。

ただ、上置きタイプと比べてお水をセットするのが難しいので、うまくできず水漏れしたり、時間がかかったり・・というデメリットがあります。

デザイン性

ウォーターサーバー本体はずっと部屋に置いたままになるので、デザイン性にも気を配りたいものです。

ウォーターサーバーのデザインには卓上型床置型の2つに分けることができ、卓上型の方は机の上に置けるほど小さなタイプで、床置型の方は床に置くやや大きめのものです。

ウォーターサーバーの利用を検討する場合、前もって部屋のどこに置くのか、それだけのスペースがあるのかどうかをチェックしておくようにしましょう。

水の種類

ウォーターサーバーを選ぶ時、最も気になるのが水の種類です。

大きく分けて天然水と純水に近いものとがあります(純水とは逆浸透膜でろ過したものを言います)。

後者のことをRO水と言いますが、これはミネラル分が取り除かれているため、すっきりとした味だと言われており赤ちゃんのミルクづくりに適しています。

一方で、天然水の方はミネラル分が豊富に含まれているため健康や美容に効果のあるものも多く、味もおいしいのでおすすめのお水です。

最近ではミネラル水に水素が加えられたお水をウォーターサーバーで飲むこともできるようになりました。

せっかくウォーターサーバーを利用するなら、ミネラルだけでなく水素も入ったものを選びたい!という人が増えています。

まとめ

ウォーターサーバーの選び方について具体的にご紹介しました。

ウォーターサーバーと一言で言っても、ボトルや本体、お水の種類はさまざまです。

どれを選ぶかはご自分のライフスタイルや部屋の広さ、家族構成、何に重点を置くか・・などによって変わってきます。

最近ではネットなどで比較サイトなどもあるようなので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

ここでご紹介したことが、ウォーターサーバーの導入を検討されている方のためお役に立てればと思います。

サイト内検索
ウォーターサーバーランキング!
第3位 フレシャス