【ウォーターサーバー比較おすすめランキング!】口コミで人気と評判のサーバーレンタル会社を厳選してみました!

一人暮らしにウォーターサーバーをおすすめする理由

水道水をそのまま飲むのはカルキや塩素などが含まれていて気が向かない人もいるのではないでしょうか。

だからといって、浄水器などを付けるのにも業者に頼まなければいけないので手間がかかります。

そういう時はウォーターサーバーをレンタルすれば、好きな時に安全で美味しい水やお湯を利用することができます。

今回は、様々なウォーターサーバーを比較していきます。

ウォーターサーバーが一人暮らしに最適な理由

ウォーターサーバーとはあらかじめ取替え可能なタンクに水が入っているもので、なくなれば簡単に取り替えることができます。

例えば、一人暮らしをしている人が浄水器をつけたとしても、フィルターの取替などがめんどうくさくなってそのうち水の質が落ちてきます。

ウォーターサーバーは水の質を一定に保つことができ、フィルターの交換の必要性などもないので大変楽です。

また、サーバーによってはお湯を出すことができるものもあるので、わざわざヤカンや電気ポットなどで水を沸かす手間が省け、すぐにコーヒーやお茶を作ることができ、一人暮らしで食べている人が多いカップラーメンなども手早く作ることができます。

質の高い水を飲むだけならコンビニのミネラルウォーターを購入すれば良いのではと思う方もいるかもしれませんが、サーバーをレンタルした方が圧倒的にコストパフォーマンスも良く、長い目で見ると費用をかなり安く抑えることができます

そのほかにも、お湯を沸かす際のガス代や時間なども節約できるので一石二鳥です。

ウォーターサーバーを選ぶ際に比較するポイント「注文ノルマ」

ウォーターサーバーをレンタルできる会社は様々ありますが、会社によってかなり内容が変わってくるので注意が必要です。

選ぶ際にはしっかりと比較を行って、より良い会社と契約するように心がけましょう。ポイントはいくつかあり、最も重要なのは1ヶ月にどのくらいの水が届くかです。

会社によっては1ヶ月あたりに最低これくらい頼まなければならないという「注文ノルマ」があるところもあります。

一人暮らしの人が1ヶ月あたりに飲む水の量は約15〜18リットル程度とされているので、注文ノルマがある場合はこの数値を目安に契約会社を決定すると良いです。

もし仮に20リットル以上の注文ノルマがある会社と契約してしまった場合は、水が余ってしまいお金の無駄遣いになってしまいどんどん水が余っていく量が増えて、置き場所に困ることになる場合もあり、最悪の場合飲まずに捨てて処分なんて場合も考えられます。

ですから、注文ノルマの量をしっかりと把握して会社の特徴を比較して最適なところを選べば、失敗せずに美味しい水を飲み続けることが可能になります。

サーバーを選ぶ際のその他の比較ポイント

ウォーターサーバーを選ぶ際には注文ノルマが最も比較の重要なポイントでしたが、そのほかにも比較しておきたいポイントがいくつかあります。

まず一つ目は、配達時間を指定できる会社かどうかです。

配達時間が指定できないと、外出している時に配達された場合不在票のやり取りをしなければならないので非常に面倒です。

時間指定できない会社も数多く存在するので、「時間指定の有無」は大事な比較ポイントと言えます。

二つ目は実際にかかる料金の比較です。

ウォーターサーバーには水の料金以外にも、サーバーのレンタル料金や電気代などがかかります。

特にサーバーのレンタル料は会社によっては大きく異なってくるので、なるべく安いところを選べば費用を抑えることが可能です。

三つ目はボトルを簡単に変えることができるかどうかです。

水は1リットルあたり1kgの重さがあるので、どんなに入れ物のボトルが軽い素材でできていても相当な重さになります。

ですから、サーバーのどの位置にボトルを取り付けるタイプなのかをしっかりと把握して、持ち上げる必要のないものを選ぶと良いです。

 

サイト内検索
ウォーターサーバーランキング!
第3位 フレシャス